top
昨年、ふいに、チベットで最も唱えられている
「Om Mani Pedme Hum」というマントラの刺繍がはじまりました。
自分でもなんのためにやっているのか、どんなものになるのかわからないまま針は進み、

天然石やビーズが加わってひとつの手芸作品となり、色を変えて二つめが出来上がり、
さらに色が変わって三つめ、四つめ、五つめが出来上がり、展示に至りました。

展示をするにあたり、何か名前がないといけないということで、

ご覧になった方に楽しさや本来のパワーを呼び起こしていただけたら、という思いを込め、
“気”や“生命、宇宙エネルギー”をあらわす (プラーナ)と名づけました。
いずれもチャーム(お守り)的な要素のあるものとなり、
身につけたり部屋に飾っていただけるよう設計しました。

奥のショウケースはサンキャッチャーを配しsacred spaceをイメージして装飾してみました。
flower of lifeと天然石によって、エネルギーを感じていただけるかもしれません。

と、いろいろ書きましたけれども、
アジア~中南米の“聖なるいかがわしさ”みたいなものが伝わればいいなと思います。
そして何より、ご覧になってくださった方に“自分も何かやろう”と思っていただければ幸いです。

***

以上は、昨年行った展示「exhibition #01」の際、会場に掲示したテキストです。
正直、何が目的なのかは自分でもわかりませんが、しいていうなら、

“ふってわいたようにあらわれくるもの”を、
目に見え、手にとれるかたちにすることかなと思います。

というわけで、今後も思いつくまま、自由にやっていこうと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


ANANYA(アナンヤ)
★MEDICINE CARD READING
★blog
★webDICE連載「MEDICINE, NOW」 contact☆☆☆